料理の豆知識

【下処理】レタスは水にさらすとおいしくなる?適切な時間は?

野菜の下処理の工程で「水にさらす」というのをよく見かけます。

水にさらす理由は野菜によって様々ですが、レタスを水にさらす理由はズバリ「おいしくなる」からです♪

水にさらすとおいしくなる理由

食べる大きさに切ったあと水にさらすと、切った面から水を吸いパリッと仕上がります。

パリッとした食感がおいしさの秘訣。

ただし水の温度がぬるいと張りが出ないので、できる限り冷たい水を用意しましょう。

氷水がベストですね。

またレタスがしっかり浸るくらいたっぷりの水を用意しましょう。

水にさらすのは1分程

水にさらすと美味しくなるメリットがありますが、レタスに含まれる栄養素が抜けてしまうデメリットもあります。

さらす時間が長ければ長いほど、栄養素は抜けていきます。

水にさらす適切な時間は1分ほど。

1分で十分おいしい食感に仕上がり、栄養素の抜けも最小限に抑えることができます。

まとめ:おいしいレタスを食べよう♪

本記事では、

  • レタスを水にさらす理由
  • 水にさらす適切な時間

この2点について解説してきました。

ポイントは、たっぷりの氷水に1分ほどさらすこと。

このポイントを抑えて、おいしいレタスを頂きましょう(^^)

にほんブログ村 料理ブログへ

↑ブログランキングに参加しています。
タップして頂けると、大変励みになります♪(´ε` )

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA